症例紹介

CASE

  • 2022.12.2

食べてはいけない!犬猫の食品中毒(チョコレート中毒)

【チョコレート中毒】

嘔吐・発熱・下痢・痙攣などの症状をともなう「チョコレート中毒」を起こします。

関連画像の詳細を表示

チョコレートに含まれる中毒成分はメチルキサンチンというもので、特にテオブロミンとカフェインが問題になります。

メチルキサンチンは、中枢神経系を刺激し利尿および頻脈を起こします。

症状は食べてしまった直後ではなく、少し経ってから現れることが多いです。おおよそ6時間以降から症状が現れます。

<チョコレート中毒の症状>多飲、嘔吐、下痢、落ち着きがなくなるなどが見られます。その後、震え・痙攣・頻脈の症状が見られると死に至る場合があります。死亡原因の多くは不整脈か呼吸不全であります。致死量は個体差によります。

二次性に膵炎を併発することもあるため、続発症にも注意が必要です。

<チョコレートにおけるテオブロミン・カフェインの含有量(目安)>

テオブロミン(㎎/g) カフェイン(㎎/g)
ダーク、スウィートチョコ  4.6~  0.7~
ミルクチョコレート  2.0~  0.2~
ホワイトチョコレート  0.008~  0.03~
ココアパウダー  26.3~  2.5~

<治療法>催吐処置(薬を使って嘔吐させる方法)、胃洗浄、活性炭投与

誤ってチョコレートを食べてしまった場合、すぐに病院に連絡を入れましょう!

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
 トリミングサロン専用 TEL:080-9086-8980
********************************************************

English