症例紹介CASE

  • 2022.1.8 症例紹介

No.140外科症例(猫、腸重積)

3ヶ月齢の猫ちゃんが1月2日に来院されました。

12月中旬から他院で入院や手術を行いましたが、徐々に衰弱するとのことで、セカンドオピニオンとして来院されました。他院では様々な治療を行い、一度、試験開腹手術まで行いましたが、異常は発見されず、余命1週間とまで言われていたそうです。

1月2日来院時、エコー検査で腸管の拡張および液体貯留を認めたため、腸閉塞を疑い、再度開腹手術をご提案しました。3か月齢との幼若猫ちゃんであること、近日中に手術を行っていたことから、かなり迷っていられました。しかし、1月2日の夜に緊急手術を行うこととなりました。

腸管を辿って全て確認し、腸重積を見つめました。

重積を起こした腸の色は黒色化、壊死しかかっていました。そのため、重積部を含めて一部腸管を切除しました。

7日間の入院で、すっかり食欲も戻り、元気に退院していきました。飼い主様も大喜びでお迎えにいらっしゃいました。

まだまだ若い子猫ちゃんですので、これからも末長く幸せな猫ちゃんLIFEをいっぱい楽しんでくださいね☆

 

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English