症例紹介CASE

  • 2022.1.14 症例紹介

No.141外科症例(犬、ピックの誤食)

フルーツをピックに刺して与えていたところ、ピックごと飲み込んでしまったとのことで、すぐにかかりつけの病院を受診したミニチアダックスちゃん。

かかりつけ医の方では、便から出るまで様子を見ましょうと指示され、経過観察をしていましたが、2日経っても便から出てこないとのことで、当院にセカンドオピニオンとして来院されました。

お聞きしたところ、ピックは丸飲みの状態で食べてしまったとのことであったため、飼い主様とのご相談の上、内視鏡検査をすることとしました。

内視鏡検査で、すぐに白いピックを見つけました。

内視鏡での摘出は危険を伴うため、胃切開手術を行い、無事摘出しました。

胃の中から鋭利な異物を取り出せた事を大変喜んでいらっしゃいました。

数日後、元気に退院していきました。

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English