症例紹介CASE

  • 2021.7.30 症例紹介

No111.外科症例(犬、頭部腫瘤)

トイプードル、頭部の腫瘤が徐々に大きくなってきたとのことで来院しました。

腫瘤が大きいものであったため、手術にて切除し病理組織検査を行うことにしました。

頭部の傷は少し痛々しい様子ですが、腫瘤は綺麗に切除出来ました。

10日後以降に抜糸をしました。抜糸後は傷も目立たなくなり、良好です。

病理検査結果は「アポクリン嚢胞」でありました。アポクリン嚢胞とは、アポクリン腺という分泌腺の内宮が拡張して形成されたものであり、非腫瘍性病変です。良性所見だったため、予後は良好です。

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English