モリヤ動物病院NewsNEWS

  • 2020.7.31 治療

外科症例(犬、肘突起成長版骨折)

「帰宅してみると犬が手を痛そうに挙げている」という主訴で来院した5か月令の子犬です。

検査を実施したところ、肘の成長板の裂離骨折が見受けられました。

↓ 健康な前肢:成長期の犬なので、成長板という黒い線が見られます。この、成長板から骨の成長が見られます。肘がある尺骨の成長板は2か所あります。

↓ 患肢:成長板のところで裂離骨折を起こし、肘の位置が外側にずれ込んでいます。その結果、成長板の黒い線が見えていません。この部位を触ると強い痛みがありました。

手術では、肘突起を正しい位置に戻し、その部位でピンニングを行い、テンションバンドワイヤーという方法で固定しました。

術後3週間でピンを抜去し、患肢のコンディションも良好です。無事治療は終了となりました。

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************