症例紹介CASE

  • 2018.7.12 症例紹介

ホテルの1日

今日は当院でのホテルでの様子を掲載します。

今回、撮影に協力してくれたのは、ななこちゃん(^^)/10日間ホテルで過ごしました。毎日、元気いっぱい楽しそうに過ごしていました♪お散歩の時間になると、大はしゃぎでゴロンゴロンひっくり返り、喜びを全身で表現してくれました!そんな、ななこちゃんのホテルの1日にスポットを当てて、今回のコラムにしてみました。

①朝のお世話:ケージをお掃除します。清潔に保ちやすいステンレス製のケージです。病気や感染症の予防のため、ケージの中は消毒薬で清拭します。動物が舐めても安全なものを使っています。タオルなどは、当院で準備がありますので、お持ちいただく必要はありません。毎回、洗濯・交換をするものですので、病院のものを使われると便利です。

猫ちゃんには、トイレの準備もあります。猫ちゃんは、猫砂が変わるだけでも排泄を我慢してしまうことがありますので、もし猫砂にこだわりがある猫ちゃんの場合は、ご一緒に持参してください。

お掃除をしている間は、お部屋で自由に過ごしてもらっています。(猫、鳥、ハムスターなど、逃げてしまう動物はケージの中で過ごしてもらいます)当院では、ケンカや事故防止のため、ホテル中に他の動物と接することは一切ありません。そのため、怖がりさんも安心してゆっくりくつろげます!

  

②お散歩(わんちゃんのみ):ご希望の方はお散歩に行きます(有料)。わんちゃんによっては、元気いっぱい走っていってしまったり、車や人に驚いて突然パニックになってしまう恐れもありますので、事故にならない様に首輪や胴輪を2重にしています。

飼い主様にお持ちいただく首輪や胴輪は、1セットで構いません。ぴったりサイズのものをお持ち下さい。首輪や胴輪を緩めに着けている子が多いので、適切にフィットするようにこちらで微調整させて頂くこともあります。

お散歩グッズ(袋やおしっこを流す水など)は、当院で準備があります。

③お手入れ:足嚢や陰部の周り、目ヤニなどに汚れが付いていないかチェックします。ユニチャームのお手入れグッズで体を拭いたり、ブラッシングをします。

  

④食餌タイム:アレルギーや腎不全などの病気で、療法食を食べている子は必ず持参してください。グラムがしっかり決まっている子は、1食ごとに袋に小分けしてお持ち下さい。

当院では、ヒルズやロイヤルカナンの食餌を用意しております。食餌を持ち込みでない子には、そちらを食べてもらいます(ドライフード)。犬猫以外のエキゾチックの子は、食餌は必ずお持ち下さい。

お薬を飲んでいる子は、食餌の時間に投薬も行います。忘れずにお持ち下さい。

⑤くつろぎタイム:一通りのケアが済んだら、各自ゆっくり過ごしてもらっています。その間も、うんち・おしっこのお世話などは随時行っています。

みんなに安心して過ごしてもらえるよう、「犬」、「猫」、「エキゾチック」はホテル中、それぞれ別々の部屋で過ごしてもらっています。各部屋には冷暖房完備ですので、暑い夏でものんびり快適に過ごせます。

⑥夕方のお世話:お散歩、食餌、投薬など、朝と同じようにお世話をします。

⑦消灯:おやすみなさい☆彡明日も元気に過ごしましょう♪

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English