スマートフォン版に切り替える

再生医療REGENERATE

一歩進んだ可能性へ
~再生医療という新たな選択肢~

この度、つきみ野病院のリフォーム工事に伴い、新たに再生医療を導入することになりました。

再生医療とは、薬で治療をする代わりに、元々からだに備わっている「再生する力」を利用して、元通りに戻すことを目指す治療法です。

からだは細胞分裂により1つの細胞から数が増え、様々な細胞に成長することで作られています。このように、1つの細胞が心臓や腎臓など様々な臓器に成長することを「分化」と言います。

再生医療では、色々な組織や臓器に分化する能力のある「幹細胞」を利用します。

損傷、欠損、機能低下など、弊害を受けている部位に細胞を移植し再生を促したり、静脈に投与して炎症を抑える効果が期待されています。

再生医療で注目されている幹細胞には3種類あります。

1)体性幹細胞:元々、体の中にある幹細胞。

2)ES細胞:受精卵から培養して作られる幹細胞。

3)iPS細胞:人工的に作られる幹細胞。

この中で、体性幹細胞を利用した再生医療が最も臨床応用が進んでいます。

体性幹細胞にはさらに種類があり、その中でも当院では脂肪細胞由来の間葉系幹細胞を用いた再生医療を導入します。

脂肪細胞由来の幹細胞には、以下のような利点があります。

1)骨髄由来幹細胞と同程度の能力がある。

2)採材が簡便。局所麻酔でも採材が可能。

3)脂肪細胞が材料であるため、大量に採取ができる。

4)受精卵を用いないため、倫理上の問題がない。

採取した脂肪から幹細胞を抽出し、体外で培養、増殖させ、脂肪由来間葉系幹細胞を作り出します。それらの細胞を静脈注射または局所注入します。

間葉系幹細胞は体内で炎症を抑える作用があり、Quality Of Life(QOL)を高めることを目指します。体の負担を最小限に抑えた治療法であるため、高齢動物や重篤な病状の動物でも実施することが可能です。

たとえば、椎間板ヘルニアの動物に間葉系幹細胞を静脈注射することによって、ヘルニア部の炎症を抑える効果が期待でき、手術をせずに歩行が可能になった症例も報告されています。

詳しい内容は、J-ARMホームページをご覧ください。