症例紹介CASE

  • 2020.9.14 症例紹介

No73.外科症例(猫、子宮蓄膿症)

「陰部から液体が出ている」という主訴で来院したシニア猫。

エコー検査を行ったところ、子宮の拡張が認められ、子宮蓄膿症を疑い手術を実施しました。また、血液検査では白血球の上昇とカリウムの低下が認められ、腹膜炎の可能性が示唆されました。

開腹手術を実施したところ、卵巣に水腫が多数確認され、また子宮に大網(おなかの中にある脂肪組織)が癒着していました。

卵巣子宮摘出を行いました。子宮は検査で見ていた通り大きく拡張して、中には膿が充満していました。

術後の経過は順調で、元気食欲も安定していたため、手術3日後には無事退院となりました。

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English