症例紹介CASE

  • 2021.4.1 症例紹介

外科症例(猫、直腸腫瘤の脱出症例)

他院で脱肛と診断され、手で戻すしかないと言われ、数か所の動物病院を転院。どの病院でも同じ意見で困っていたという飼い主様が来院されました。

大きくなりすぎて、手で戻せないということでした。かなりの出血も見られました。

実際は腫瘤が脱出している状態でした。腫瘍性疾患を第一に考え、手術を行うこととしました。

手術は無事に終わり、肛門の整復が出来ました。以下が手術直後の写真です。

術後3日目の写真です。肛門は脱出することなく、綺麗に収まっています。元気に退院しました。

病理検査の結果は「組織球肉腫」でした。

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************