症例紹介CASE

  • 2018.9.29 症例紹介

多血小板血漿(PRP)による再生治療

 

多血小板血漿(PRP)とは?

血液から得られる「血小板を多量に含んだ血漿」のことです。血小板は「組織を治癒させる能力」を持っています。その治癒能力を利用した治療が「多血小板血漿による再生医療」です。

血小板は成長因子と呼ばれる物質を放出し、組織治癒を促進します。

たとえば、事故や火傷などで大きく欠損した皮膚に多血小板血漿(PRP)を塗布します。そうすると、徐々に肉芽組織が形成され、皮膚が再生します。

動物では床ずれや火傷、交通事故などによる皮膚欠損の治療に使われることが多くあります。

最近では、人の分野で、美容整形やスポーツ医学の領域においても注目されている新しい治療法です。

血小板血漿(PRP)では、自己の血液を使うため、アレルギーや感染症は最小限に抑えられ、安全性が高いといわれております。

当院では、多血小板血漿による治療を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English