症例紹介CASE

  • 2018.6.28 症例紹介

お散歩中の外傷、ケガ

犬が縁の下に入って遊んでおり、そこから出てくると顔がパンパンに腫れ、血が出ているとのこと来院されました。

目立った外傷はありませんでしたが、皮膚は赤く腫れあがり、飼い主様のお洋服にまで血が付いていました。もしかしたら、なにかに咬まれてしまったのかもしれません。

この子は幸い、治療にもしっかり反応してくれ1週間後にはすっかり元の顔に戻っていました。

←よく見ると皮膚が赤くなっています。

←オレンジの線は腫れてる方の顔のラインで、黄色の線は通常の顔のラインです。腫れはかなり重度で、パンパンなことがわかります。

 

実は今回の様に、お散歩中や外遊び中に怪我をしてしまうケースも少なくありません。外の世界はお家の中と違って、「何があるか」、「どんな物が落ちているか」など、予測しにくいので、大きなトラブルになってしまうこともあります。中には、近くの公園を散歩中にヘビに噛まれてしまったという事例や、お散歩中の他のわんちゃんに襲われてしまう事例もあります。

お散歩のときは何が起こるかわからないので、いつも以上に周りに注意してあげて下さい。また、十分注意していても不可抗力でトラブルに巻き込まれてしまうこともありますので、なにかあればすぐに受診しましょう。

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English