症例紹介CASE

  • 2021.6.3 症例紹介

No94.外科症例(犬、胆嚢破裂に対する胆嚢切除手術)

ミックス犬、13歳、雌の胆嚢破裂症例をご報告致します。

下痢と嘔吐を主訴に来院。院内検査にて重度の肝酵素上昇を認め、内科治療をスタート。下痢や嘔吐は改善され、徐々に肝酵素も低下していきました。しかし数日後、超音波検査にて胆嚢肝臓辺縁の不明瞭化および胆汁色素を含む腹水を認めたため、胆嚢粘液嚢腫における胆嚢破裂と診断しました。

当日開腹手術を行いました。開腹にて、大量の腹腔内出血が見られました。

腹腔内に胆汁が漏れ出ていました。胆嚢の一部は破裂し、肝臓に癒着しています。

      

ゼリー状に固まってしまっている胆汁を取り除き、胆嚢を切除しました。

ご飯も食べるようになり、元気に退院することができました。

トリミングもして、綺麗さっぱり!おやつを喜んで食べています!

   

 

 

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English