症例紹介CASE

  • 2019.12.4 症例紹介

No44.外科症例(犬、腹腔内腫瘤)

症状は特にみられず、偶発的に腹腔内腫瘤が見つかったシニア犬(フレンチブルドッグ)の症例です。超音波検査にて、膀胱の頭側に腫瘤が認められました。

大網膜に癒着していただけでなく、盲腸にも癒着していたため、盲腸を1㎝程度切除し、腫瘤を摘出しました。

2時間近くかかる手術でしたが、麻酔管理も順調で無事終了しました。

握りこぶし大の大きな腫瘤を摘出しましたが、翌日からとても元気で食欲も良好だったため、術後3日目には無事に退院しました。

 

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English