症例紹介CASE

  • 2021.9.6 症例紹介

No.117外科症例(猫、皮膚潰瘍)

年齢1歳、完全室内飼いの猫ちゃん。

1か月前に右脇腹に傷があるとの主訴で来院。皮膚が壊死して、大きな潰瘍が出来ていました。飼い主様も思い当たる節がないとのことで、外傷として軟膏塗布などにより治療を開始しました。

徐々に傷は良化していますが、治りが遅いため外科的治療を取ることにしました。

皮膚潰瘍部を切除し、縫合しました。切除部は念のため、病理組織検査を行うことにしました。

病理検査結果は「炎症性肉芽組織」でした。

綺麗に完治しました。手術して良かったと飼い主様も喜んでいらっしゃいました。

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
********************************************************

English