症例紹介

CASE

  • 2022.4.4 症例紹介

No.149外科症例(猫、帝王切開)

猫ちゃんが4匹妊娠されて、自宅出産を行うこととなりました。

夜9時半くらいから1匹目の出産が始まり、2匹目も無事に出産されました。しかし、3匹目の破水後も中々赤ちゃんが出てこないとのことで、夜間救急に連絡したが対応不可であったとのことです。

朝、8時ごろ当院に連絡され、すぐに来院してもらいました。

超音波検査で確認したところ、腹腔内に残っている胎児のうち、1匹は心臓が動いているのを確認できましたが、もう1匹は亡くなっていました。

そのため、死産の胎児を摘出することと生存している胎児を救うため、帝王切開を行うこととしました。

手術は成功しましたが、生きて産まれた赤ちゃんもかなり衰弱していました。何とか、呼吸をするが出来ましたが、鳴く事もできず、長時間の保温とマッサージで徐々に回復し、命を救うことが出来ました。

自ら出産した2匹のうち1匹は生まれて数時間で虹の橋を渡ってしまいました。そのため、4匹中、2匹が無事でした。

お母さん猫ちゃんも初めての子育てを、術後すぐに頑張って始めてくれました。

元気に生まれてくれた2匹の子猫ちゃんがスクスク育ってくれることを祈ってます!!!

その後の経過をお伝えします。母猫ちゃんはしっかり上手に子育てをしているとのことで、子猫ちゃんもグングン成長し、こんなに大きくなりました!

 

********************************************************
MORIYA Animal Hospital
モリヤ動物病院(トリミングサロン・ペットホテル併設)
中町センター病院(町田市)
 東京都町田市中町2丁目15-18 TEL:042-726-1500
つきみ野病院(大和市)
 神奈川県大和市つきみ野8丁目13-9 TEL:046-271-6660
 トリミングサロン専用 TEL:080-9086-8980
********************************************************

English